個人再生にはどのような特徴があるか

個人再生は借金の返済が困難になったときに債務を減額して解決する債務整理の1つであり、効果が高く財産の処分の必要がないのが特徴です。任意整理では対応できず、自己破産で財産を手放したくないときに利用できる方法です。

 

個人再生を利用するときの大前提として返済能力があることが求められます。債務の金額で違いがありますが、最大で10分の1まで圧縮できます。しかし、その残りは分割して3年間、子育て中で教育費が必要などの特段の事情があれば5年間で返さなければならないので、収入がないと支払えません。申請した後に一定期間、支払えるのか確認するテストが行われるため、ここで失敗すると自己破産することになります。

 

個人再生では単純に債務の金額だけで減額が決まるのではなく、裁判所が財産として判断するものの総額、収入から税金や必要最低限の金額を差し引いた可処分所得の2年分も比較し、その中で最大のものが残債になります。多額の財産を持っていたり、高収入であればあまり減額できません。

 

住宅ローン特例を利用すれば、本人が所有して居住している不動産であれば売却せずにローンを払い続けることもできます。ただし、残債の支払いに上乗せされることになるので負担は増えることに注意が必要です。

 

個人再生をすると個人信用情報機関に記録が残るので、5年から10年はクレジットカードやローンの利用が困難になり、さらに官報にも掲載されます。官報は一般の人が目にするものではないので周囲に気付かれる心配はありませんが、誰でも閲覧できるので闇金融が情報を集めています。ローンを組めない人を狙ってダイレクトメールや電話で勧誘してくることがあるため、騙されて法外な金利でお金を借りないようにしましょう。