個人再生とは何かについて

個人再生は、破産の一累計です。破産のタイプには完全に清算してしまってゼロにするタイプと、債務を減らすなど返済のしやすい条件を設定して立て直すタイプがあります。個人再生は後者の累計で、民事再生法に規定があります。企業が行う場合は民事再生ということが多いですが、個人が行うパターンを個人再生と呼ぶことが多いです。

 

この手続きは、裁判所を介して行われます。また、拘束力があるので債権者にもここで決まったことは影響します。もちろん債権者も手続きに関与する事ができるので、全て自分とは関係の無いところで話が進むわけはないです。しかし、他の債権者との調整が必要であり、一定の債権は諦めなければならなくなるなど、債権者もある程度は譲歩することとなります。

 

自己破産の場合は債権者が回収できるのは残っている財産からで、場合によってはゼロとなることがあります。個人再生の場合は、清算するのではなく立て直しつつ回収していくスタイルなので、ある程度までは債務を回収可能です。そのため、債権者にしてみれば個人再生の方が良いと言えるでしょう。

 

計画を成功させるためには、債務者の努力はもちろんありますが、債権者も協力しないといけません。裁判所が中に介在することで債権者同士の調整などはなされるため、これはある程度確保されています。全く債権者どうしでやり取りをすることとなると、抜けがけで債権を回収しようとする債権者も当然出てきますが、返済を禁止する様なルールがあるのでそれにより抑制をはかっています。

 

申し立てをする側は、再建ができるようアピールしなくてはなりません。これは、弁護士に頼んだ方が確実でしょう。この分野を得意としている実績のある方に任せておくと、成功しやすいです。